防水

サッシ周辺の雨漏りの原因と補修方法について。

サッシ周辺の防水テープ施工不良によって、防水テープが施工されていない場合と防水テープと防水紙が施工不良の場合が考えられる。

それぞれの調査方法と、補修方法について解説する。

防水テープが施工されていない場合

外壁のサッシ周辺のサイディングを取り外し、サッシ外周び状態を確認すると、なんと防水テープが張られていない。

amamori001

これは完全に施工会社の手抜き工事であるといえる。

防水テープが使用されていなければ、防水紙がサッシ枠のフィンに密着していないことが、考えられる。そこから雨水は侵入する。

防水テープと防水紙が施工不良の場合

amamori002

外壁のサッシ周辺のサイディングを取り外し、サッシ外周び状態を確認したら、

サッシ枠のフィンと防水テープ、防水テープと防水紙との接着状態を確認しよう。

施工時の防水紙の抑え不足があり、密着不良(しわ)部分から雨水等が侵入する。

不適当な品質の防水テープを使用したため、防水テープが膨張し、防水テープと防水紙に浮きが生じる。 そこから雨水が侵入する。

防水テープの施工不良の補修方法

1.サッシ周辺のサイディング、 胴縁を取り外し、サッシ枠のフィンの汚れ、油分を除く。防水テープがある場合は特にきれいに取り除く。

2.サッシ枠フィンに各サイディングメーカー純正品またはNYG協会推奨品の防水テープを手順に従って張り直す。

3.周辺の防水紙が破損していた場合は、 各サイディングメーカー純正品またはNYG協会推奨品の防水紙をに重ねて張る。

4.防水テープの離型紙をはがしながらサッシ枠のフィンにローラーで圧着する。

5.サッシ周辺部に新しい胴縁を取り付け、 サッシ枠と10mm程度のシーリング目地幅をとってサイディングを施工する。

6.シーリング工事の正しい施工方法に従い、サッシまわりのシーリング材を施工する。

サッシ回り防水テープの正しい施工方法

防水テープを選択する。

テープの材質:

十分な耐水性と耐久性のある信頼性の高い商品を選択する。

テープの幅:

構造用面材を使用する場合

→75㎜幅以上のもの構造用面材を

使用しない場合

→50㎜幅のもの

粘着面:

表裏それぞれに粘着させる場合(上部・たて部)

→両面粘着タイプのもの 片側だけを粘着させる場合(下部)

→片面粘着タイプのもの 下→左右たて→上の順に施工する。(下図)

※「気密住宅」としない場合には、下部の施工を省略することができる。

 

eki049

 

専用のローラーやヘラなどを用いて、強く圧着するように施工する。

1.施工前に粘着箇所に付着している油分やホコリなどを除去する。

2.浮きやシワが 生じないように 施 工する。 ・

3.サッシ 枠 釘 打ちフィン端部、凹凸のある箇所、隅角部、

テープが重なる箇所などは特に入念に、ヘラを用いて強くこすりつけるように施工する。