この世に燃えない木材は存在する

コロイドガラスで含侵させた木材に液体ガラスの不燃処理をすると、木材が燃えなくなります。

その実験映像がこちらになります。

向かって右の小屋は不燃処理済みの木材を使い、左は未処理の木材です。

moenaiki01

両方の小屋にガソリンをかけ、燃やしてみました。

処理済みの小屋も勢い良く燃えているように見えます。

moenaiki02

左側の小屋も勢いよく燃えています。燃え方はあまり変わらないように見えました。

moenaiki03

炎は小康状態になりますが、左側の小屋のほうは、小屋の形が変わっているのがわかります。

moenaiki04

処理をした右側の小屋は炎が止まりました。未処理の左側はまだ燃えています。

moenaiki05

左側は完全に灰塵になりました。しかし液体ガラス処理をした右側の小屋は原型をとどめています。

moenaiki06

右の処理済みの小屋は、表面が焦げているだけで、木材の細胞が破壊されていないのがわかります。

moenaiki07

映像の全編 この世に燃えない気が存在した!

※時間のない方は6分30秒から映像をご覧ください。

次の動画はガス・バーナーで表面を焼いていても、炎が包んでゆきません。表面は焦げていても、木材に着火しない状態が続きます

液体ガラス処理をした、燃えない木材の実力をご覧いただきました。

この液体ガラス処理のお問い合わせを下記にフォームから受け付けております。ウッドデッキや外壁材などの屋外の建築木材として、土台や柱など構造部分にも使えます。またフローリングなど内装材としてももちろん使えます。

液体ガラス処理をした木材そのものも提供できますし、塗装としても処理をすることが可能です。

不燃木材をお求めの方は、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

 

PAGE TOP